尿路結石に効果のある食材          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME  >>  腎結石・尿路結石に効く食材
  メニュー

腎結石・尿路結石に効く食べ物

欧米化が進み、日本人も動物性タンパク質である、肉食が食卓に上がる機会どんどん増えてきました。タンパク質は大切な栄養素の一つであり、体力や免疫力をつける上でも、欠かせない栄養素です。

しかし、過剰に摂り過ぎてしまうと、結石が出来てしまう要因にもなりかねません(汗)お肉は確かに美味しいですが、ほどほどにしておく事も大切です。

結石で、痛い思いをしないように、いろいろな栄養素を偏りなく摂りましょう^^

腎結石や尿路結石に効く食べ物は・・・

尿中カルシウムの排泄濃度を下げるマグネシウムを多く含む、アーモンド、きんめだい、刻み昆布、生そば、炒り落花生などです。

尿中のカルシウムが増えると、腎結石のリスクが高くなってしまいますが、このカルシウムの働きを調節しているのがマグネシウムになります。

もともと日本人は、マグネシウムが不足している傾向があるので、積極的に摂りたい成分の一つです。

スポンサードリンク



マグネシウムは、カルシウムと一緒に骨に貯蔵され、足りない分は骨から溶け出て必要な分だけ使われます。どちらかと言うと、足りていない事の方が多く、日々どんどん使われていってしまいます。

マグネシウムをすべて使いきってしまうと、振るえや痙攣、老化、腎症などの血管動脈硬化、心筋梗塞や、脳卒中など、癌、不安感、うつ、気管支炎、糖尿病網膜症など症状が出ます。

マグネシウムの摂り過ぎた分は、腸で吸収する前に排出されます。しかし、他の必要な栄養素の吸収までも誤って妨げてしまうので下痢を起こす事があります。

しかし、摂り過ぎよりも、足りない事の方が深刻なのです(汗)
カルシウムの代謝にも悪影響がでますので、不足しないように摂取しましょう。

腎結石、尿路結石の人は、充分な水分を摂る事も大切です。尿中の結石成分を薄めるために、水分は多く摂る必要があります。1日の尿の量を増やす事が、結石予防につながるからです。

尿中のカルシウムや尿酸の尿中への排泄濃度が、一時的に一気に高くなる事がないように、時間を決めるなどして、平均的に水分補給をしましょう。

そして、常にカルシウムや尿酸を低濃度で排出できるようにするのが理想的です。

動物性たんぱく質を控えながら、バランスの良い食事をし症状を改善させていく事が大切です。

食事面では、肉や魚介類、鶏卵、牛乳などをたくさんと摂り過ぎないようにします。これらの動物性たんぱく質を沢山摂り過ぎると、尿中カルシウムや尿酸の排泄量が増加してしまうからです。

摂り過ぎてしまう事で、腎結石や尿路結石のリスクが増大してしまうので、適量が大切です。



スポンサードリンク



一言メモ
カルシウムで腎結石を予防
食事中で摂ったカルシウムとシュウ酸は、腸の中で結合してウンチとなり排出されます。

ですので、できるだけカルシウムを欠乏させないようにする事が大切です。

もし、カルシウムが不足してしまうと、余分なシュウ酸が腸内で吸収され、その後は腎臓でカルシウムと結合し、シュウ酸カルシウム結石になってしまいます。

つまり、カルシウムが不足すると、かえって結石を出来やすくしてしまう?と言う事なのです(汗)

カルシウムも、必要以上に摂り過ぎる事が問題なわけです^^不足しない程度に摂るように心がけましょう!

腎結石の8割は、このシュウ酸カルシウム結石です。その残りは、尿酸結石と言われるものです。



スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう