頭痛に効果のある食材          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME  >>  頭痛に効く食材
  メニュー

頭痛に効く食べ物

頭痛には、食べ物以外には、ラベンダーやローズマリー、ミントなどの精油も効果的です○^^○後は、ハッカ油です。私が、良く使うのはハッカ油なんですが、頭痛がした時には、手に少しだけ取り、こめかみに塗ったり、お風呂に数滴垂らして、立ち登る蒸気を吸っていると落ち着いたりします。

頭痛に効く食べ物

は、ビタミンCが豊富なアセロラやグァバ、赤ピーマン、黄ピーマン、緑ピーマン、芽キャベツ、柿、キウイフルーツ、菜の花、いちご、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、オレンジなどです。

ビタミンCは、肩こりなどによる頭痛、偏頭痛や慢性的な頭痛など、ほとんどの頭痛に効果があります。

また、ビタミンCの効きめは、とても強く即効性も期待できるようなので、頭痛で頭がスッキリしない人は、ビタミンCの多いジュースや、果物でも食べて、一息つきましょう^^



スポンサードリンク



摂り過ぎたビタミンCは、尿と一緒に排泄されるので、とり過ぎを気にする必要もありませんからね。

次に血行を良くし、頭痛をゆっくり軽減してくれる、ビタミンEです。ビタミンEを多く含むのは、油や、アーモンドなどの腫実類や、すじこや、いくら、たらこなどの魚卵などです。

油だと、サフラワー油、とうもろこし油、なたね油、マーガリンなどにビタミンEが多く含まれています。料理に取り入れると良いですね。

毎日、皮付きピーナッツを、5粒~10粒くらい食べる事で頭痛を予防する効果もあります。また、粉の抹茶もビタミンEが多いので、抹茶を頂きながら、少量のピーナッツを食べるのもいいかも●^^●

外国産のピーナッツは、発癌性のあるカビがついている事も少なくありません。選ぶ時は、日本産の皮付ピーナッツを選ぶようにしましょう。

頭痛予防を期待するなら、ピーナッツは必ず皮付きにします。(食べ過ぎには、くれぐれもご注意を(笑))

あと、マグロなら大トロがお勧め、秋から寒くなる時期にかけては、魚に脂が乗ってきます。頭痛持ちの人は、この時期に出回る脂の乗った魚を、ぜひ食べて下さい^^

最後にビタミンB郡です。ビタミンBは脳や神経を正常に働かせる作用があります。もしビタミンB郡が不足してしまうと、頭痛を起したり、さらに悪化させてしまう可能性もあります。
ビタミンB郡は、8種類もあります。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB16、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンです。

こんなにビタミンB郡たくさんあって、何を摂ればいいの??(汗)となるわけですが・・・

まず、ビタミンB1を多く含むものに、胚芽米や豚肉があります。頭痛が気になる人は、白米から玄米に・・

肉類は、牛、鳥などもあるが、豚肉優先を意識して食べよう。

次に卵には、ビタミンB2、パントテン酸、葉酸、ビオチンを多く含みます。1日1ヶ、卵を食べると良いですね^^

あと、ビタミンB郡の摂取にお勧めなのは、牛乳です。ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸を多く含んでいます。しかも、頭痛に効くビタミンCやビタミンEも含んでいます。


スポンサードリンク



一言メモ
頭痛に効く食材をジュースで摂ろう!!
頭痛に即効性のある、ビタミンCやビタミンEを多く含み、ビタミンB郡含有量も多く、生で食べても美味しい小松菜を使い、ジュースにします。

他に、牛乳とバナナも使います。バナナは、ビタミンB6を多く含み、ジュース(下記参照)を飲みやすくしてくれます。

それぞれの食材が、お互いの足りない栄養素を上手に補ってくれるジュースです^^
小松菜バナナジュースです。
材料(一人分)
牛乳または豆乳 150cc
小松菜 1束 
バナナ 半分
ハチミツ お好みで
上記をミキサーかけ、出来上がりです。食物繊維も一緒に、摂取できるので、腸内の老廃物や、有害物質も排出してくれます^^

頭痛を誘発する、便秘予防にもなり、いろんな相乗効果が期待できますので、ぜひ、お試し下さい●^^●

注意)
最後に注意点ですが、鎮痛剤のアスピリンを飲んでいる場合は、ビタミンCを多く含む食品を一緒に摂取してしまうと、せっかくの薬の効果が半減してしまうので、薬との併用には、注意しましょう。

スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう