癌に効果のある食材          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME >> 癌に効く食材
  メニュー

癌に効く食べ物

例えば、キャベツ、白菜、だいこん、大豆、枝豆、人参、にんにく、玄米、トマト、緑茶、なす、レバー、ししゃも、アユ、ピーマン、かぼちゃ、きのこ類、ゴマ、豆類、海藻類、かんきつ類、ベリー類、セリ科、ナス科の野菜、香り付けとなる香辛料、赤黄紫緑系の濃い野菜などは、強い抗酸化作用があり・・・・

癌に効く食べ物です。



そもそも何故ガン?になる?

癌の原因として、発癌性物質があります。発癌物質は、正常な細胞の遺伝子を傷つけてしまいます。

スポンサードリンク



細胞の一部が傷つく事により、その遺伝子の配列が崩れてしまいます。とは言え、そのほとんどは人間の持つ自然治癒力で修復されています。

ところが、何らかの原因で、傷が癒えることなく、そのまま蓄積してしまう場合もあります。こんな事を、何度も繰り返していくうちに、癌化してしまう事もあるわけです。

癌化する前に、生活習慣を改善できれば、癌になるリスクを最小限にする事もできます。癌が体に、症状として悪影響を及ぼすまでには、それなりの月日がかかります。

日々の生活習慣が、癌リスクを左右します。生活環境は、皆違いますが、どんな食生活をしているか?充分な睡眠や休養はとれているか?強いストレスを感じていたり、過労になっていないか?運動不足?など

このような生活習慣のツケが、癌化のリスクを高めているのも事実です。今からでも、遅くないので生活習慣を、もう一度見直してみる事も大切です。
★癌予防にお勧め
癌の芽を摘みとる
ヒートテックプロテイン
自宅でできる・・・
お風呂で簡単に、ヒートテックプロテインが増やせる●^^●
ヒートテックプロテインは、傷ついたタンパクを修復してくれます。つまり癌化する前に修復してしまおうではないか?大作戦!ストレスなどで、修復できないほど傷ついたタンパク質は、 癌化の前兆、そんな危ういタンパク質は、分解(アポトーシス)させてしまえば良いのですw(● ̄0 ̄●)w

下記の食材は、癌に効く食材で、強い味方となります。

ニンニク
ニンニクの香りは、アリシンと言われる成分です。殺菌作用と共に、免疫力も高め、癌抑制効果のある食品として注目されています。発癌物質を無毒化する作用もあります。

ニンニクは、ビタミンB1を含む食品を一緒に摂ると、さらにパワーアップするのも特徴です。ビタミンB1と結合する事で、アリシンの吸収が良くなり、血行も増進します。

ニンニク以外に、ニラやアサツキ、玉ねぎ、ネギ、ラッキョウ、わけぎ、グリーンアスパラなどにも、同様の効果があります。

きのこ類
例えば、シイタケ、まいたけ、ナメコ、シメジ、エノキ、マッシュルーム、キクラゲ、エリンギなど、いろいろな、キノコ類がありますね。

これらの、きのこ類には癌細胞の増加を抑制する、βーグルカンと呼ばれる成分が含まれています。免疫力を強化し、癌と戦う強い味方です!

例えば、マイタケは洗わずに食べて下さい。マイタケから出る黒い汁?あれはMD-フランクションと言われる、βーグルカンの一種で、キノコ類の中でも、癌の増殖を抑える力が強く、癌組織を縮小させる働きがある事が、分かっています。。

1日、30g程度のマイタケを、毎日食べると効果的ですょ^^

まいたけエキスで、強化された免疫システムが、癌細胞をやっつけてくれる仕組みです。

海藻類
昆布やワカメ、ヒジキ、モズク、海苔などの海藻類は、食物繊維も多く、発癌を抑制する成分が多く含まれています。海藻の独特のヌメリ成分、これはフコダインと言われるものです。

また、海藻類には黒い色をしたものが多いわけですが、この黒い色素成分にも、癌を抑制する力があります。黒い食材は、体に良いものが多いと言うわけです^^

これらの、まっ黒け食材を、ぜひ味方につけましょう。黒ゴマなんかも、GOODですょ。黒ゴマの表皮には、ポリフェノールが、たっぷりですから^^

キャベツ
キャベツは、乳癌や肺癌、膀胱癌、前立腺癌、大腸癌などの癌に効果があるとされ、期待されている野菜です。

注目の成分は、キャベツに含まれるイソチオシアネートと言われる成分です。しかし、この成分は加熱する事で、半分以上は失われてしまいますので、効果的に摂取するには、やはり生で食べると良いですね。

キャベツの他には、大根やカイワレ、白菜、クレソン、芽キャベツ、わさびやチンゲン菜、ラディシュ、小松菜などの野菜にも癌予防効果が期待されています。

トマト
トマトには、リコピンを始めとした各種ビタミンや、抗酸化物質が多く含まれています。1年中、スーパーなどで見かけるトマトですが、特に旬と言われる夏(6月~8月)に、売り場で見かけたら、ぜひ食べて下さい。

トマトに限らず赤色、紫色、黄色、オレンジ、緑などの色素成分は、カロテノイドと言われ、抗酸化作用に優れていますので、このような色の濃い食材を、積極的に食べるようにすると良いですね。

ししゃも、あゆ
癌を抑制する、ビタミンAが豊富に含まれ、栄養価も高く、癌予防には最適です。

大根
ホッケやサンマなどの焼き魚に、大根おろしが乗っていますよね。ただ美味しいだけでなく、大根は魚のコゲに含まれる発癌性物質を分解する働きがあり、癌を抑制するのに効果的があります。

ブロッコリー
ブロッコリーの抗ガン成分は、重度の癌にも効果的?とも言われています。病気を癒してくれる、素晴らしい野菜です。1年中スーパーで、出回っている身近な食材!と言う点でも嬉しいですね。

レバー
レバーには、発癌を抑制する作用のある、ビタミンAが豊富に含まれています。

その他にも、タンパク質やミネラルが、かなり濃厚に含まれていて、その中でも豚レバーは、鉄分の含有量が一番多く、次に鶏レバー、牛レバーとなります。

ただし、好き嫌いがあるかもしれませんね。レバー独特な癖や生臭さは、気になる方も多いものです。

レバーが苦手な方は、鶏レバーであれば、他のレバーに比べて癖がなく、食べやすいです。

それと、やはり新鮮なうちは良いですが、鮮度が落ちると生臭さが倍増します。スーパーで買われると思いますが、できるだけ、トレーに血が溜まっていない物を、選ぶだけでもずんぶん違います。

そして、生臭さを取るために、必ず血抜きをしましょう。30分くらい水、もしくは流水に浸しておくだけです^^

次に、沸かした熱湯に、さっとくぐらせて、冷水に入れアクを取り除き、下ごしらえは完了です。

レバーの癖を、さらに軽減するために、調理の際は酒や、生姜などを、上手に活用すると良いかと思います。定番は、レバニラ炒め?と言ったところでしょうか^^
レバーの生姜煮
下処理をした、レバーは水気をしっかり拭きとっておきます。フライパンに、油をひき生姜と、スライスニンニクを入れ、軽く炒めて香りを出します。

レバーを入れて、さらに炒めます。次に、水ではなく酒を、入れます。レバー500gに対して、200CCくらいです。

砂糖30g、みりん50ccを入れて、最後に醤油を50cc入れて、弱火で20~30分煮て、甘辛煮にして完成です。

レバーが苦手な人でも、食べやすくご飯が進みます。臭みも消えますし、何と言っても数日は冷蔵庫保管できます。生姜は、やや多めに入れると良いです^^

かんきつ類ベリー類
かんきつ類には、温州ミカン、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ゆず、スダチ、カボス、ライム・・ベリー類にはブルーベリーやイチゴ、ラズベリー、ビルベリーなどがあります。

これらには、ビタミンCが豊富に含まれていて、腸内で生成される発癌物質を、抑制し免疫機能も強化してくれます。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンは、抗癌作用があります。紅茶にも、
同様の効果があるので、美味しく頂きましょう。

玄米
癌予防なら、白米ではなく玄米を食べましょう。玄米は、白米の3倍の食物繊維を含み、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンE、ミネラルなどの成分を比較しても、栄養価的にも優れ、癌から守ってくれます。

また玄米、発芽玄米、雑穀、コーン、大麦などに含まれるセレンと言われる成分が、発癌物質を無毒化してくれます。

人参
人参を始め、セリ科の野菜には、発癌を抑制し、発癌物質を無毒化する作用があります。例えば、セロリやパセリ、セリ、明日葉、ミツバなどの野菜です。

活性酸素を除去する、βカロテンを豊富に含み、解毒作用、肌荒れにも効果的です。

例えば、セリ科の明日葉は、今日芽を摘んでも、明日には新しい芽が出る事から、この名がついています。名前からして、強い生命力を感じますよね。

ただ、明日葉には少し癖と言うか、苦みがあります。しかし、明日葉の葉を、1枚1枚天ぷらにする事で、癖もなくなりと美味しく食べる事ができますょ^^ぜひ、お試し下さい。良薬、口に苦し!と言いますが、癌に効果のある食材です。

香辛料
香りが特徴である、これらの香辛料にショウガ、青じそ、ミョウガ、バジル、ターメリック、ミント、ローリエ、オレガノ、ゴマなどがあります。

この香り成分となるものに、強力な発癌抑制効果があります。発癌物質を無毒化します。

とうがらし
トウガラシは、辛くて苦手?な人もいるかもしれませんが、憎き癌細胞も、実はこのクソ辛い赤い実が嫌いなのですとうがらしは、癌細胞を死滅させ、増殖までも抑える効果があります。特に、消化器系の癌に、効果的です●^^●

トマト入りペペロンチーノ
フライパンに、オリーブ油をひき、多めのニンニクを入れて炒め香りが出たら、輪切りのトウガラシを入れ、次にゆでたパスタを入れます。

トウガラシを入れたら、炒めれば炒めるほど辛みが増しますので、辛みが苦手な人は、トウガラシ量を控えたり、炒め過ぎないようにしましょう。

最後に、サイコロ状に切った生のトマトを入れて、塩と胡椒で味付けします。トマトは生でも良いので、手早くサっと混ぜたら出来上がりです。

トマトは入れても、入れなくてもどちらでも良いですが、癌に効く食べ物を効率よく、美味しく摂る事ができます。お好みで、バジルを入れても良いですね^^トマトとニンニクとの相性も良いですからね。

枝豆
枝豆には、タンパク質や食物繊維が豊富で、大豆には含まれていないカロテンやビタミンCも含んでいます。前立腺癌に効果的です。

枝豆に限らず、基本的にマメ類は、食物繊維が豊富で抗酸化作用があり、発癌を抑制してくれます。グリーンピース、そら豆、さやえんどう、さやいんげんなど、いろんなマメ類があります。

大豆
大豆に含まれる、イソフラボン、サポニン、ビタミンEには、強力な抗酸化作用があり、癌の原因にもなる活性酸素を除去する働きがあります。豆腐や納豆、きなこなど、大豆の加工品も同様の効果があります。

スポンサードリンク



活性酸素が優勢になると、正常な細胞までも攻撃してしまいます。遺伝子を傷つけてしまうので、癌化のリスクを高めてしまう、やっかいものです!下記は、大豆以外に、抗酸化作用のある食べ物です。
  
活性酸素を除去してくれる食べ物
(抗酸化作用のある食材)



上記のような、癌に効く食材を、普段からバランス良く摂取しながら、癌に負けない体作りをしていきましょう。また、食物繊維を多く含む食品を、バランス良く摂りましょう。

食物繊維には、発癌物質が食べ物と一緒に入ってきても、それらが腸内に蓄積しないように、便と一緒に外に排出する作用があります。

例え、発癌物質が体内に入っても、それを無毒化し、仮に有害物質が入って来ても、外に出す!!!!まさに、この流れです。

しつこいようですが、もう一度・・・

入って来ても、外に出せば良いのです!

癌と言えど、必ず弱点はあります。こいつらを、ギャフンと言わせてやりましょう。どっからでも、かかって来い!!ってな具合にです●^^●

癌を防ぐために、できる事
まず、食べ過ぎは禁物です。最近では、腹7分が一番良い?腹7分を心がけて食生活を送る!そんな簡単な事で、【長生き遺伝子?】と言われるものが、活性化される事も分かってきました。

さて、腹八分どころか食べ過ぎ?(ドキッ)・・自分の事だ!と思われた方、でも大丈夫、今からそうすれば良いだけです^^

後、魚の脂肪分は悪いコレステロールを運んで行ってくれるので、OKですが、牛や豚、鶏肉の脂肪分は、できるだけ控えめにするのがベストです。

霜降り肉?おぅぅー美味しそうー?はい確かに・・私もそう思います(笑)しかし、摂り過ぎてはいけません(汗)

脂肪分は、胃の中で消化されにくく、いつまでも胃に残ってしまうからです。揚げ物など、油っこい食事の後、胸焼けがしたりするのも、このせいです。

脂肪の摂り過ぎは、大腸癌や前立腺癌の発生にも関与しているとも言われています。脂っこい食べ物を、口に入れる前にキャベツを先に食べると良いですょ。

キャベツを、肉より先に食べる事で、余分な油をキャベツが吸着してくれるからです。トンカツの横には、必ずと言ってキャベツがついています。これは、まさに利にかなっているわけです。

この組合せに、出会ったら、これからはまず、キャベツを先に少し食べてみるようにして下さい^^

食品に含まれる、発癌物質は実際には、ほんの僅かな量です。しかし、繰り返し同じ物ばかり食べていると、発癌リスクを高めてしまいます。

同じものに、偏らず毎日いろんな食材から栄養を摂るようにしましょう。防腐剤や添加物の入った食材は、私達の周りや、スーパーなどのお惣菜、ファーストフード店など、いろんな所にあふれています。

たまには、こうした加工品を食べても良いですが、食べ続ける事は危険です。他に、お酒は適量にする、タバコ、塩辛いもの、熱過ぎたり、冷た過ぎる食べ物、コゲた食べ物、カビの生えたものは、発癌のリスクを高めてしまいます。

自己免疫力を高める!
ゆっくり休養や睡眠をとりましょう。そして、適度な運動も大切です。体を動かす事は、新陳代謝を活発にし、体温も上がるので、免疫力が高まり効果的です。

そして、できる限り下半身を冷やさないようにしましょう。腸内の温度が、たった一度下がるだけで、免疫力が低下してしまうからです。腸管免疫が低下すると、癌を始めとした、さまざまな病気の引き金になります。

腸は、言わば防波堤のような役目をしています。免疫力が低下し、この防波堤の結界が破れると、細菌やウイルス、有害な物の侵入を許す事になり、これらの排除が上手く行かなくなります。

癌になりやすい人は、腸の体温が低い人が多いようです。お腹を温める事は、癌予防にもつながります。ゆっくり30分以上、半身浴をしたり、腹巻なども上手く活用すると良いですね。

足も冷たくならないように、タイツや靴下等でしっかり保温しましょう。コートなどをしっかり着ているにも関わらず、下半身は薄着になってはいませんか?上半身より、下半身の保温を怠らないようにしましょう。

 癌予防にお勧めのジュース
赤や黄色、オレンジなどのピーマンは、普通のピーマンよりも、βカロテンが、と~っても豊富で抗酸化作用が期待できます。その中でも一番甘みのある赤いピーマンを、使います^^
そして、同じく体をサビさせない白菜と、癌予防効果のある柑橘類(みかん)やベリー類(イチゴ)をチョイスすれば、とても飲みやすいジュースになります●^^●

作り方
赤いピーマン              4分の1ヶ
(もし、ピーマン嫌いな方は、入れずに、カボチャに変えてもいいです)

白菜                    2分の1枚

柑橘類(みかん、またはレモンなど) 1ヶ
100%のみかんジュース(100cc)で代用してもOK

いちご                   5粒・はちみつ   適量・   100cc
みかんジュースで代用した場合は、水はなしで・・・ これらの材料を、すべてミキサーにかければ完成です^^



 アボガド
後、もう一品、嫌いでなければ、アボガドを使ったジュースもお勧めです^^
アボガドにミルク、ハチミツを加えてアボガドミルク
最後に、嫌いでなければ、その上にゴマを振りかけましょう。ゴマには、癌が気になる方は、ぜひ積極的に摂って欲しいカルシウムを大量に含んでいるからです●^^●

もしくはヨーグルトにアボガドとリンゴ、ハチミツを入れる、アボガドヨーグルト

ジュースにしないで、アボガドをスライスにして、そのままワサビ醤油で食べてたりサラダに乗せて食べても美味しいですよね^^
いろいろお試し下さいね。


その他の関連記事↓
癌とどう戦う

手術できない末期癌の治療
・温熱療法
(オンコサーミア)
(マイルド加温)
・高濃度ビタミンC点滴治療
・αリポ酸点滴
・高濃度ビタミンC点滴その後

血管内治療
・免疫活性血管内治療
・癌免疫細胞療法
・ベンズアルデヒド療法
・遺伝子治療  

・癌からくる悪液質
癌の自覚症状
胃がん
胃がもたれたり、胃の痛みや胸焼けが、長引きます。ウンチが黒っぽくなったり、急に痩せてくる事もあります。胃部X腺検査で、食道や胃、十二指腸などの癌を視覚的に発見できます。

胃カメラで、早期発見ができます。今は口からチューブを入れる方法だけでなく、鼻からでもOKになりました。鼻からチューブが入れた方が、受ける側の負担は軽減しますね。

さらに鼻からの胃カメラでも抵抗がある方は、静脈から少しの麻酔で入れて行う麻酔を使うタイプのものもありますね^^私もやってみましたが、寝ている間にすべてが終わってしまう感じでした(笑)

切除可能な癌であれば、その場で切除する事になります。

食道がん
食べた物が、つかえるようになります。胸の中央付近に、圧迫感や食道の異物感を感じるようになります。

肺がん
血痰がでるようになります。咳や痰の量が増え、片方の肩や肩甲骨に痛みが出てきます。胸部X腺検査で、肺癌を視覚的に発見できます。

乳がん
乳癌は、唯一さわって分かる癌でもあり、胸にしこりを感じます。また、乳房の向きが左右違ってきたり、乳房の皮膚に引きつれが出てきます。乳首から分泌液がでたり、痒みを伴う事もあります。

自分でさわってみて、しこりがあるようなら、マンモグラフィーでさらに、詳しい検査が必要です。マンモグラフイーだけでなく、必ず超音波エコーを同時に行う病院での受診をお勧めしまします。

子宮癌
おりものに血が混ざる事がありますが、生理が来てから、およそ2週間後くらいであれば、排卵日出血の可能性が高いです。これは、問題ありません。ちょうど生理の中間期くらいにあたりますね。

子宮癌になると、生理以外にも出血があります。腹痛や下腹部の痛みが、長引く事もあります。出血や、お腹の痛みなどの異常がある場合は、子宮癌頚癌以外に、子宮筋腫の疑いもあります。

子宮癌の検査は、婦人科で行います。エコーなどを併用し、診断します。それから、正式な検査の結果が出るのは、1週間後になります。

とは言え、子宮頚がんの場合は、子宮頸部付近が白っぽくなるので、エコーだけでも、癌の可能性が高いか?低いか?程度であれば、ある程度ですが予測可能です。

肝臓がん
全身の倦怠感が出てきます。休んでも疲れがとれません。吐き気や黄疸症状、みぞおちや右上腕部に鈍い痛みを感じる事もあります。

大腸がん
血便が出るのが特徴です。また、下痢や便秘を交互に繰り返したり、ウンチが出づらい、ウンチが鉛筆のように細くなるなどの症状がでてきます。

大腸内視鏡検査で、早期発見ができます。切除可能な癌であれば、その場で切除する事になります。

大腸内視鏡カメラは、痛くて苦手な方も多いはずだと思いますが、腸内の映像が3D映像で映し出される、バーチャル大腸CTや、静脈から少しの麻酔で入れて行う大腸内視鏡検査もあります^^私もやってみましたが、寝ている間にすべてが終わってしまうので、検査時の痛みがなくお勧めです^^

癌には、自覚症状の少ないものもあります。職場の癌検診や人間ドック、市で行われる健康診断で、早期発見をを心がけましょう。

例えば、血液検査だけでも、病気の分析が、ある程度できます。白血球や血小板の増減が見られる場合です。これは、細菌感染の場合でも反応しますが、中には癌に原因がある場合も増減します。

また、肝臓や腎臓機能が低下していると、血液検査でバッチリ出ますし、他の病気のシグナルも読み取る事ができます

スポンサードリンク




メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう