更年期障害に効果のある食品          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME  >>  更年期障害に効く食材
  メニュー

更年期障害に効く食べ物


誰でも、いつかは訪れるかもしれない?更年期・・症状を重くしないためには、明るく元気でクヨクヨしない事も大切、まずは心を元気にしてあげる事が大切です。もう年だから~とか思うのは実は良くないのですΣ(=゚ω゚=;)

ちゃんと根拠があって、もう年だから!と思っていると、本当に老化が進んでしまう(●▼●;)のだそうです・・つまり、まだまだ若い!!まだいける!大丈夫!元気だ!そう思っている方が老化しないわけですY(´∀`)Y

更年期を軽くするには、心の闇を作ってはいけません。心が元気であれば症状が改善に向かうからです!

更年期障害に効く食材

は、老化を防止する働きもあるビタミンEを多く含む、アーモンドやヘーゼルナッツ、西洋かぼちゃ 、にじます、うなぎの蒲焼、アンコウの肝やハマチ、めかじき、モロヘイヤ、落花生、小麦胚芽などがあります。

料理に使う油は、更年期障害の場合、ビタミンEの多いひまわり油がお勧めです。モロヘイヤをナッツ和えなどにしても良いですね^^



スポンサードリンク



次に、ビタミンB1を多く含む、豚肉を食べましょう^^豚ヒレ、豚モモ、豚ロース、豚カタなどですね。他には、うなぎの蒲焼、ハム、真鯛、紅サケ、玄米、落花生などもビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1は、次に脳や神経のエネルギー源である糖質の分解を助け、全身の新陳代謝を高める働きがあります。疲れがたまり、精神が不安定な状態になるのは、ビタミンB1が不足しているょ!と言うシグナルです。

最後に、更年期障害に効く食べ物として、ぜひ摂って頂きたいのが、イソフラボンです!

イソフラボンは、更年期障害を軽くする、心強い成分が含まているからです!イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きを持つ成分で、更年期障害特有の、のぼせ症状を和らげたり、骨粗しょう症を改善するなどの効果があります。この辛い更年期障害を、イソフラボンの力も借りてを乗り切りましょう^^

イソフラボンと言えば大豆製品です。きな粉、煮豆、納豆、豆腐、豆味噌、油揚げなどに多く含まれています。豆腐や油揚げ入りのの味噌汁などが摂りやすいかもしれませんね^^

ビタミンB1は、手足の末梢血管を広げ血流を良くし、更年期障害のさまざまな症状に効果を発揮してくれますので、ぜひ豚肉を食べて下さい^^ねぎやニンニクに含まれるアリシンと言われる成分が、ビタミンB1の吸収を高めてくれますので、豚肉を焼くときにニンニクやネギも使うとGOODですね。

閉経に伴って起こる、辛い更年期障害の不快な症状を乗り切るには、やはり栄養をつけ体力を充実させてあげる事が大切です。もしかして不規則でかたよった生活をしていなかったか?ついつい忙しくて1食抜いたり、ドカ食い?などしていなかった?(汗)

もし心当りがあるようなら、崩れた栄養バランスを軌道修正し、健康的な体力を取り戻してあげる必要があります。頑張っている自分に栄養のご褒美をあげましょう●^^●

スポンサードリンク




一言メモ
更年期障害は、女性ホルモンの減少やアンバランスなどが原因で起こります。症状が重い時などには、女性ホルモンを投与したりしますが、その女性ホルモンと同じような働きをする食材を上手く摂り入れましょう。

大豆以外に、女性ホルモンと同様の働きをするものに、ホップを含むビール酵母、イチョウの葉、ニンニクやバジルなどがあります。

ニンニクやバジルにはトマトが良く合いますので、ニンニク入りトマトバジルスパゲティーが更年期障害にはお勧めです●^^●

あとは、、コーヒーのおつまみを落花生にしてみると良いですね^^

ここで、一つ注意点ですが、外国産のナッツ類にはカビが含まれている事もあり発癌性がありますので、日本産のものを選ぶようにしましょう。それと、言うまでもないですが、食べすぎはNO~~です(笑)

豆乳に粉末コーヒーを混ぜて、豆乳オーレにしても美味しいです。豆乳は、調整豆乳であれば飲みやすいのでお勧めです^^

スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう