夏バテに効く食べ物について          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!

夏ばてに効果のある食材

HOME >> 夏ばてに効く食材
  メニュー

夏バテに効く食べ物

例えば、夏バテに効く食べ物には、うなぎ、たまご、豆腐、枝豆、トマト、鶏肉、豚肉、牛肉、チーズ、レバー、かぼちゃ、かんきつ類(みかん、きんかん、れもん、グレープフルーツなどがあります。

夏バテの原因は、水分や栄養不足を始め、強い疲労や睡眠不足、炎天下に長時間いたり、暑い室内での仕事や運動などで、激しく体力を消耗してしまう事などが、主な要因です。

夏バテの症状は、まずダルい!そして疲れやすくなります。だんだん食欲もなくなり、寝つきも悪くなってきます。夏の暑さで、食欲が

スポンサードリンク



落ちてくると、体内のタンパク質が消費
するにしたがい、その供給が追い付かなくなります。

これが、【夏バテ】です!

食欲が落ちて、食べれなくなると、どうしても食事が偏りがちになります。咽喉が渇くので、お茶やジュースなどを、がぶ飲みしたり、つい甘いものを食べ過ぎ、糖質傾向になります。

夏は水分ばかり摂り過ぎて、水腹になります。食べるより、飲みたくなりますからね。夏バテに向って、一直線です。

こうなると、逆にタンパク質やビタミン、ミネラル等が不足し栄養状態に、支障をきたしてくるわけです。誰でも、心当りがありますよね。

また、外が暑いので冷房で部屋を、ガンガンに冷やす傾向があるので、手足が冷え、ダルさや頭痛などの症状を引き起こします。

また、外気との温度差に体が、どうしてもついて行けなくなります。少しずつ体調を崩してしまう、これが【冷房病】と言うやつです。

夏バテの対処法
暑い夏は、基礎代謝が高まるので、タンパク質を多く消耗します。またエネルギーの代謝に欠かせない、ビタミンB1が必須です。

夏バテになってしまったら、とにかく栄養を摂り、しっかり体を休める事が大切です。体力が落ちているので、涼しく過ごせる環境で、充分な休養をとりましょう。

部屋は、冷やし過ぎないようにして、扇風機や除湿器なども上手く利用しましょう。窓越しに、すだれを掛けたり、庭に打ち水をする事で、体感温度を下げる事ができます。

とまと
冷たく冷やしたトマトは、食欲が増します。冷やす事で、口の中に爽やか感が広がり、神経を鎮める作用もあります。食欲も出て、夏バテにも効く食材の一つです。

食欲不振の時は、食前にトマトを摂るとさらに効果的です。トマトには、ビタミン類や、水溶性食物繊維のペクチン、カリウムなども豊富に含まれ、栄養価に優れています。

飲む事で、すばやく栄養補給できる、トマトジュースや、他の野菜も入れて、トマトスープにしても良いですね。

かんきつ類
夏バテ時、疲労回復するのに、グレープフルーツやレモン、みかん、キンカンなどの柑橘類があります。

かんきつ類に含まれるクエン酸を充分摂ると効果的です。かんきつ類の酸味は、食欲増進効果もありますし、水分量が多いので、すみやかに体に浸透し、夏の疲れを癒します。

豆腐
豆腐は良質のタンパク質で、栄養価も高く、さっぱりと口当たりも良いので、冷ややっこなどは、お勧めです。

チーズ
チーズは、食欲が落ちて来る夏場に、ちょいと栄養補給するのに向いています。くどいですし、多くを摂る必要はありません。

チーズの良い点は、少量でも栄養価が高く、夏バテ時に必要な栄養素を含んでいる点です。

一口で食べられる、キャンディーのように包んであるタイプのものなら、持ち運びもできますし、サッと食べる事もできますし、向いているかもしれませんね。

うなぎ
スタミナ豊富で、ウナギと言えば【土用の丑】です。夏バテで、だんだん食欲も落ちて来る頃に食べる習慣があります。

栄養価も高く、夏バテ時に必要な栄養素もバッチリ含まれています。また、その中にも含まれるビタミンAは、鼻や咽喉の粘膜の乾燥を防いでくれるので、夏風邪予防にも最適です。

豚肉
疲労回復には、タンパク質はなくてはならない存在でもあり、充分に摂る必要があります。また、血液中の糖分をエネルギーに変えるには、ビタミンB1が必要なんですが、豚肉には、そのビタミンB1が豊富に含まれています。

できれば、脂肪分の少なめの、ヒレやモモなどの赤身肉の方が、ビタミンB1やタンパク質が豊富です。ビタミンB1が不足してしまうと、エネルギー消費が上手くいかず、スタミナ不足になってしまいます。

スタミナをつけて、疲労回復するには、タンパク質とビタミンB1が欠かせません。疲労や倦怠感の強い時には、食欲増進効果もある、ニンニクや生姜入りの、豚肉の生姜焼きなどは、いかがでしょうか?^^

鶏肉
鶏肉も豚肉に続いて、タンパク質が豊富で、柔らかく消化が良いので、食欲のなくなる夏場の栄養補給に向いています。

食欲が落ち、体力が低下しやすい夏場は、特に栄養補給が欠かせません。鶏肉は、胃腸にも優しい健康食品です。

牛肉
栄養価も高いスタミナ食でもある、牛肉は夏場にもお勧めです。クソ暑い夏場に、河原などで良くバーべキューとかしますよね。

何も、このクソ暑い中で???バーベキュー?はッっ?と思う方もいるかもしれませんが、これは以外と利にかなっているのです。

牛肉や豚肉など、じゃんじゃん焼いて、がっつり食べて、夏バテに負けない体!にする事ができます^^

肉類には、豊富なタンパク質、ビタミンやミネラルも含み、疲れに良く効きますし、何といっても、スタミナがつきますからね。

あまり、食べ過ぎるのは、コレステロールなどを摂り過ぎてしまい、問題がありますが、たまには、ぱぁっっと食べても良いと、私は思います(笑)

ストレス発散にもなりますしね^^

肉類を食べる時は、消化を助ける大根おろしや、胃壁を守り、胃もたれを防ぐ、キャベツを一緒に食べると良いですょ。

キャベツは、肉の油を吸収し、高カロリーの肉をエネルギーとして燃やしてくれます。肉のコゲには発癌性がありますが、キャベツは発癌予防効果もあります。

バーベキューの肉って、結構コゲますからね(汗)

枝豆
夏バテに効く食材は、ビタミンB1やビタミンC、タンパク質を多く含んでいます。グリンピース、そら豆やインゲン豆、サヤエンドウも、これらの成分を多く含んでいます。

暑い夏の、ビールのお伴にも最適です^^

かぼちゃ
栄養価に優れた、夏の野菜でもあるカボチャは、夏バテ時の栄養補給に優れています。旬の野菜は、その時期に必要な、栄養を豊富に含んでいて、夏風邪の予防にもなります。



スポンサードリンク



レバー
レバーには、夏バテ時には欠かせない、タンパク質や、鉄分を始めとしたミネラル、ビタミン類がかなり濃厚に含まれていて、その中でも豚レバーは、鉄分の含有量が一番多く、次に鶏レバー、牛レバーとなります。

ただし、好き嫌いがあるかもしれませんね。レバー独特な癖や生臭さは気になる方も多いものです。

レバーが苦手な方は、鶏レバーであれば、他のレバーに比べて癖がなく、食べやすいです。

それと、やはり新鮮なうちは良いですが、鮮度が落ちると生臭さが倍増します。スーパーで買われると思いますが、できるだけ、トレーに血が溜まっていない物を、選ぶだけでもずんぶん違います。

そして、生臭さを取るために、必ず血抜きをしましょう。30分くらい水、もしくは流水に浸しておくだけです^^

次に、沸かした熱湯に、さっとくぐらせて、冷水に入れアクを取り除き、下ごしらえは完了です。

レバーの癖を、さらに軽減するために、調理の際は酒や、生姜などを、上手に活用すると良いかと思います。定番は、レバニラ炒め?と言ったところでしょうか^^

レバーの生姜煮
下処理をした、レバーは水気をしっかり拭きとっておきます。フライパンに、油をひき生姜を入れ、軽く炒めて香りを出します。

レバーを入れて、さらに炒めます。次に、水ではなく酒を、入れます。レバー500gに対して、200CCくらいです。

砂糖30g、みりん50ccを入れて、最後に醤油を50cc入れて、弱火で20~30分煮て、甘辛煮にして完成です。

レバーが苦手な人でも、食べやすくご飯が進みます。臭みも消えますし、何と言っても数日は冷蔵庫保管できます。生姜は、やや多めに入れると良いです^^


夏バテに効く食べ物に、卵があります。良質なタンパク質、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養バランスもバッチリです。

お酒がお好きな方なら、卵酒にしても良いですね^^

卵酒の作り方
日本酒を煮立て、溶き卵に砂糖を混ぜたものを手早く混ぜて出来上がりです。ショウガを入れると、体も暖まります。

夏バテ時に、消耗されやすい栄養素を、卵が補ってくれます。

タンパク質やビタミン、ミネラル類が不足すると、疲れや倦怠感が出やすくなってしまいます。上記のような、夏バテに効く食材を、普段からバランス良く摂取する事で、疲れにくくなり夏バテや、夏風邪防止にもなります。

スポンサードリンク




メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
カスタム検索
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう