ぎっくり腰・腰痛症などの腰痛に効果のある食品          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME  >>  腰痛に効く食材
  メニュー

腰痛/ぎっくり腰・腰痛症に効く食べ物

ぎっくり腰のような、急性の炎症による腰痛は、冷やす事で腫れや炎症を抑える事ができます。慢性的な腰痛の場合が、お風呂などでゆっくり身体を温めて、血行を良くしてあげる事で痛みが和らぎます○^^○

ぎっくり腰や腰痛症などの腰痛に効く食べ物

は、カルシウムです。

体の上半身を支えている腰には、常に大きな負荷がかかっています。腰痛は、骨や筋肉、靭帯などが弱って起こる場合がほとんどです。

その土台となっているのは骨であり、充分なカルシウムを必要としています。



スポンサードリンク



中高年層になればなるほど、骨も老化してしまうので、どうしても腰痛が頻繁に起こりやすくなってしまうのです。

そこで、カルシウム含有量が多く、吸収率の良い牛乳やヨーグルト、チーズ、スキムミルクなどの乳製品や、イワシの丸干し、しらす干し、煮干などの子魚、大豆製品、ひじきやワカメなどの海藻類、小松菜などの青菜系の野菜などを摂取しましょう^^

カルシウムは、ビタミンDと一緒に摂る事で、吸収が良くなります。

とは言え、魚類でカルシウムを摂取するのであれば、煮干やイワシの丸干し、しらす干しには、ビタミンDも多く含んでいますので、単品で摂ってもOKです。

煮干の粉末などを味噌汁に混ぜて飲んだり、しらす干しに大根おろしを乗せて食べても良いですね●^^●

その他に、腰痛に効く食材は、ビタミンを多く含むものです。ビタミンCは、軟骨と靭帯を強化する働きがあり、ビタミンEビタミンB郡は、血行を増進させ弱った筋肉の回復を助けてくれます。

ビタミンDは、上記にも少しふれましたが、カルシウムの吸収を助けてくれます。

ビタミンには、いろんな種類があります。あれこれあげても、頭がこんがらがってしまいますよね(笑)

そんな時は、すべてのビタミンをバランス良く含む野菜、つまり緑黄色野菜と言われるもの積極的に食べれば良いのです^^

スポンサードリンク



そこで、私のお勧めは、バナナジュースに小松菜を加えた、小松菜バナナジュースです。
材料(一人分)
牛乳または豆乳 150cc
小松菜 1束 
バナナ 半分
ハチミツ お好みで
カルシウムの多い牛乳に、緑黄色野菜でもある小松菜を加えてみました。小松菜を選んだのは、ビタミンをバランスよく含むだけでなく、青菜系の中では一番ジュースに向いているからです^^小松菜は、ビタミン類だけでなく、カルシウムも多く含んでいますからね^^バナナをメロンにかえても美味しいです。

スーパーでカルシウムの多く含む!牛乳も売ってますね。すべてをミキサーにかけてから、最後に氷を入れ、もう一度ミキサーをかけると冷えて美味しくなります。

小松菜をカボチャ(40~50g)に変えてもOKです。カボチャは、そのまま生を入れてしまうと、ザラザラと口に残るので、一度蒸すか、レンジでチン!して柔らかくしたものを使いましょう。バナナジュース感覚で栄養満点!お通じも良くなりますょ。とても美味しいので、ぜひお試し下さい●^^●

スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう