発熱に効果のある食材          

健康応援・COM  心も体も、元気丸で行こう!
HOME >> 熱に効く食材
  メニュー

熱に効く食べ物

急な発熱のほとんどは、ウイルスや細菌が体内に進入した時、突然現れた敵に対する防衛反応のようなものですが、気をつけないといけないのが、内臓のどこかで悲鳴をあげている?臓器の異常を知らせるシグナルになっている場合です。

細菌やウイルスであれば、これらを攻撃するために発熱している事になりますが、風邪だと思っていたら、腎炎など臓器が何らかの炎症を起こしていたり、上手く機能していない事もあるので注意が必要です(汗)

風邪の流行時以外の熱や、3日以上熱が続く場合は、あと普段出た事のないような高熱には注意です。例えば、普段の高熱が38〜 39度くらいの人が、41〜42度近く?の熱が出ている?普段の熱より、あきらかに高い?場合です。

中には、急性の肺炎を起こしている?ケースもあり早めの処置が必要な場合もあるので、高熱が出た場合には、慎重に様子を見る必要があります

発熱に効果のある食べ物

には、牛乳、ヨーグルト、たまご、うどん、おかゆ、ゴーヤ、パセリ、きゅうり、白身魚や鶏ささみ、とうふ、味噌汁、アイスクリーム、野菜や果実100%のジュースなどがあります。

野菜や果実100%のジュース
風邪をひくと、ビタミンの消耗がとても激しくなるので、これらのジュースは、水分補給以外に、消耗したビタミンの補給には持ってこいです。

牛乳やヨーグルトぷりん
ミネラルやビタミン、タンパク質などの栄養補給ができ、熱による発汗で奪われた水分を補給できます。

スポンサードリンク



熱が出ると、なかなか食欲がでませんが、冷たいヨーグルトなどに、フルーツソースやハチミツをかける事で食べやすくなります。

冷たいプリンなどは、咽喉の痛くても食べやすいですし、卵や牛乳から出来ていますので、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養補給にも良いです。

アイスクリーム
熱がある時でも、食べやすく消耗したエネルギーを補給できます。熱の影響で味覚は劣りますが、それでも美味しく食べられ、口当たりも良いのがアイスクリームです。

たまご
熱に効く食材に、タマゴがあります。栄養価も高く、良質なタンパク質の補給に最適です。タンパク質以外にも、鉄分、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれている上、消化も良いです。

消化の良い、おかゆやうどんに入れる?など工夫し上手に、栄養補給しましょう。



スポンサードリンク



豆腐
のど越しも良く、タンパク質を始めとする栄養価も高く、消化も良いのが特徴です。エネルギーや、ビタミンの消耗で、体がダルい時など、お勧めです。

ゴーヤ、きゅうり
ゴーヤは、熱を下げる効果があります。独特な苦みがあり癖がある、野菜ですので好き嫌いはあるかもしれませんが、利尿作用もあり、夏バテにも良く効く食材です。

同じ瓜科の野菜でもある、きゅうりも熱っぽい時や、むくみ、体がだるい時に効果的です。

一言メモ
発熱時に効く食材は、上記のように水分が多くて、ビタミンやミネラル、糖質、タンパク質を含み、食欲がなくても食べやすい食べ物です。

決して無理のない程度に、食べれるものを食べれるだけ摂る事が大切です。

熱で体力が消耗した時は、消化が良い食材で、胃腸にかかる負担を、できるだけ和らげてあげましょう^^

肺炎にも注意しよう!
肺炎予防に効く食べ物

スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
healthy beauty
Copyright (C)   All Rights Reserved
健康応援.com 心も体も元気丸で行こう